2017年12月12日火曜日

『HARPLIMBA / ハープリンバ』レポート:2017年12月9日

自分の住む『静岡県焼津市』は、
大井川に航空自衛隊の静浜基地がある為、
朝7時過ぎくらいから軍用機が頻繁に飛び交い、
その騒音で起こされることが多く、
ある朝、いつものように、その騒音で起こされました。

もう少し寝ていたかったので、耳栓をし、
さらに、防音用イヤーマフを装着し、二度寝を試みました。
しかし、思ったようには寝付けず、ふと、枕元に置いていた
自作によるオリジナル楽器『HARPLIMBA / ハープリンバ』(※注1) 
の本体を『噛んで』奏でてみたところ
普段聴いている音とは別の感覚で『音=振動』を感じたのです。

ほぼ無音に近い状態でありながら、脳内に響き渡る心地良い『音=振動』
あれ!?これは、もしかしたら『聴覚障害者』にも
この『音=振動』は伝わるかもしれない。直感で、そう感じ
二度寝を諦め、Googleにて
『聴覚障害、楽器』で検索してみると、
『聴覚障害の壁越えセッション 音を振動で伝える楽器開発』
という興味深いレポートが
(↓)

発案&製作者『金箱淳一』氏にメールを送ってみると、
近日、浜松にてワークショップを行うとの案内をいただき、
当日、『HARPLIMBA / ハープリンバ』を持って伺いました。
(↓)

金箱氏の現在の研究テーマは『耳以外の感覚器で音を利く』とのことなので、
今後、『HARPLIMBA / ハープリンバ』ともリンクして展開していく。
そんな予感がしました◎

『金箱淳一』氏→Facebook
『聴覚障害』には、様々な『聴こえのレベル』があると思いますが、
そのような障害を持ちながらも『楽器』を奏でてみたい。という方に、
『HARPLIMBA / ハープリンバ』の『ヴァイブレーション』が届いたなら、
製作者冥利に尽きる体験と考えています。
今後の展開、お楽しみに!

『HARPLIMBA / ハープリンバ』を試奏中の金箱氏。
(歯ープリンバ!可能性を理解していただいて嬉しいです!)

(※注1)
『HARPLIMBA / ハープリンバ』とは...
アフリカの『KALIMBA / カリンバ』をベースに製作されたオリジナル楽器。
特徴は、付属のレンチにて、
『1音づつの個別によるチューニングが可能』であるということ。
奏法的には、本体に設置された金属棒を、
通常の上から下へと弾いて音を出す方法とは別に、
横からスライドさせて弾き、『ハーモニー:和音』を
『ハープ』の様な優雅なサウンドにて表現することが可能なオリジナル楽器。


HANDMADE MUSICAL INSTRUMENTS / Kohei Kanamori
【HARPLIMBA Player】Kohei Kanamori / 金森光平 (HARPLIMBA 製作者) 
【Offer】http://kaolimba.com (E-Mail : Contact Form)